アイザワ証券

  1. ホーム >
  2. 投資の基礎知識 >
  3. 資産運用入門 >
  4. 投資信託の基礎知識 >
  5. ファンドはさまざまに分類される

投資信託の基礎知識

ファンドはさまざまに分類される

投資信託には、いくつかの分類方法があります。主な分類と種類を知っておきましょう。

投資信託の種類

1 何に投資するかで分類

何に投資するかで分類

2 運用スタイルで分類

アクティブ運用かインデックス運用か?


アクティブ運用 インデックス運用(パッシブ運用)
運用の目標 基準となる指標を上回る結果をめざす 基準となる指標と同じ動きをめざす
運用の結果 基準となる指標を上回るときも下回るときもある 基準となる指標とほとんど同じ
リスク インデックス運用に比べて大きい アクティブ運用に比べて小さい
コスト インデックス運用に比べて高い アクティブ運用に比べて安い
注意点 ファンドマネージャーの運用次第で成果が指標を 下回ることもあり、概してリスクは高い 基準となる指標が下がれば、運用成果も下がる
運用結果
イメージ

アクティブ運用

インデックス運用(パッシブ運用)

米印
指標…日経平均やTOPIX(東証株価指数)など、相場全体の動きに連動する指数。

3 単位型と追加型

申込み形式による分類では、ファンドを最初に設定した時点でしか購入できない単位型(ユニット型)と、いつでも追加購入できる追加型(オープン型)に分けられます。通常の株式投信などは追加型の投資信託であり、基本的にいつでも資金を追加、解約できますが、単位型の場合は最初に集めた資金だけで運用することになります。

4 分配型と無分配型

分配金によって分類する場合は、決算期ごとに分配金を受取れる分配型と、分配金を出さずにまとめて換金時に支払う無分配型に分けられます。

5 国内投信と外国籍投信

投資信託の設定国による分類です。通常の投資信託は国内籍ですが、外国で設定された投資信託が日本に輸入された外国籍投資信託もあります。外国籍の投資信託にはドルなどの外貨建て商品が多く、購入時に為替の手数料が別途かかる場合があります。外貨MMFも外国籍投資信託の1つです。

押さえておきたいココがpoint

口座をお持ちでないお客様

口座開設

お問合せ窓口

  • お近くの店舗を探す
  • お問合せフォーム

コールセンター 0120-311-434

【受付時間】平日 8:30~18:00 土 10:00~15:00

ページの先頭へ