アイザワ証券

  1. ホーム >
  2. 投資の基礎知識 >
  3. 税金について >
  4. 贈与に関する税金

贈与に関する税金

1年間に110万円以下なら贈与税は非課税

贈与税は、贈与を受けた人が納める税金です。通常、贈与には高率の税金がかかりますが、「基礎控除」という制度があり、毎年の贈与金額のうち110万円までは課税されません。申告については、贈与を受けた人が、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までに申告および納税をしなければなりません。
ここでは贈与税に関する特例を見ておきましょう。

2,500万円まで非課税

相続時精算課税制度

60歳以上の親から20歳以上の子である推定相続人が贈与を受ける場合、贈与を受けた年の翌年3月15日までにその旨を申告すれば、贈与金額が累計2500万円に達するまで贈与税は課税されません。2500万円を超えた分は一律20%で課税されます。贈与財産の種類、金額、贈与回数に制限はありません。ただし、後に親が死亡した場合には、相続財産に生前の贈与財産額を合算して相続税の計算が行われるので、根本的な相続税対策にはなりません。
また、いったんこの制度を選択すると、同じ親からの贈与について110万円の基礎控除は使えなくなるので、長期にわたり少しずつ財産の贈与を受ける場合には、この制度を選択しない方が有利です。

相続時精算課税制度の概要
相続時精算課税制度の概要

【一般贈与財産用】(一般税率)

この速算表は、「特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与税の計算に使用します。
例えば、兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親から子への贈与で子が未成年者の場合などに使用します。

一般贈与財産用

【特例贈与財産用】(特例税率)

この速算表は、直系尊属(祖父母や父母など)から、一定の年齢の者(子・孫など)※への贈与税の計算に使用します。
※「一定の年齢の者(子・孫など)」とは、贈与を受けた年の1月1日現在で20歳以上の直系卑属のことをいいます。 例えば、祖父から孫への贈与、父から子への贈与などに使用します。(夫の父からの贈与等には使用できません)

特例贈与財産用

※ 税金に関する詳細な内容につきましては、必ず最寄(管轄)の税務署でご確認いただきますようお願い申し上げます。

口座をお持ちでないお客様

口座開設

お問合せ窓口

  • お近くの店舗を探す
  • お問合せフォーム

コールセンター 0120-311-434

【受付時間】平日 8:30~18:00 土 10:00~15:00

ページの先頭へ