アイザワ証券

取引ガイド

テクニカル指標

テクニカル指標

※多機能モードでご利用いただけます。多機能モードについてはこちら

テクニカル指標一覧

テクニカル指標の種類

移動平均 テクニカル分析の基本的な指標です。当日終値からさかのぼった、ある一定期間の終値平均値を1日ずつずらして線グラフ化し、その推移から株価の傾向をつかむことができます。日足では5日線、25日線、週足では13週線、26週線などが一般的です。
ボリンジャーバンド テクニカル分析指標のひとつです。移動平均線とその標準偏差(株価がどの程度の確率でどの範囲に収まりうるかを表します)で構成され、移動平均線からバラツキが拡大した時に、一般的には「バンド(帯)の上限に近付いた場合は売り、下限に近付いたら買い」といった投資判断に応用されます。
エンベロープ テクニカル分析指標のひとつです。移動平均線からのカイ離率に基づきラインを複数表示し、そのラインと株価との位置関係からトレンドを判断します。一般的にはエンベロープの上限に価格が到達すると「売り」、下限に価格が到達すると「買い」といった投資判断に応用されます。
一目均衡表 テクニカル分析指標のひとつで、転換線、基準線、遅行線、先行スパン1、先行スパン2から構成されます。株価がいつ頃まで上昇するのか、または下落するのか、トレンド転換はいつなのか、などの相場動向の分析に用いられます。また、一般的には先行スパン1と2の間の幅は「雲」と呼ばれ、抜ければ完全な方向転換とされています。
価格帯別出来高 銘柄の株価(指数などにも用います)を一定のレンジに区切り、その価格帯ごとにどれだけの出来高があったかを示す指標です。出来高の多い価格帯においては、上昇局面では戻り待ちの売りが出やすく、下落局面では買い戻す動きなどが活発化してくる傾向があり、上値や下値のメドを探るのに有効です。
出来高 取引所で成立した株式の売買数で「売買高」ともいいます。出来高が多ければ、活発な取引が行われたということになり、逆に少なければ人気がないとの解釈が可能です。市場全体のエネルギーを測る参考指標とされています。
出来高移動平均 出来高を用いた移動平均線です。出来高は株価に先行するといわれ、出来高移動平均は株価の先行指標と考えられています。一般的には出来高増加傾向にある場合に短期出来高移動平均線を上回れば目先の「買い」、出来高減少傾向で短期出来高平均線を下回れば目先の「売り」とされています。
MACD 相場の強弱の転換がつかめるテクニカル指標です。一般的にはMACDラインとシグナルラインの2本からなり、MACDラインがシグナルラインを下から上に突き抜けると強気相場への転換、MACDラインがシグナルラインを上から下に割り込むと弱気相場入りとみられています。
ストキャスティクス オシレーター系のテクニカル分析指標のひとつです。先行する「%K」、遅行する「%D」、さらに動きが緩やかな「Slow%D」といったラインの水準や交差の仕方から、相場の転換点や売買タイミングを見定めます。一般的には70%以上で買われ過ぎ、30%以下で売られ過ぎとされます。
RSI オシレータ系のテクニカル分析指標のひとつです。RSIは0~100%の範囲で推移し、50%以上であれば相場には上昇の勢いが、それ以下であれば下落の勢いが強いとされます。一般的にはRSIが70%以上で買われ過ぎ、30%以下で売られ過ぎと判断されます。
Williams%R オシレータ系のテクニカル分析指標のひとつです。過去一定期間の値幅の中で、直近の株価がどの位置にあるのかを表し、買われ過ぎ、売られ過ぎの判断に用いられる指標です。小さな値動きにも敏感に反応する半面、「だまし」も多いという特徴があります。
サイコロジカルライン テクニカル分析指標のひとつです。一定期間(12日間が一般的)のうち上昇した日数の比率で求めます。何日も買い、もしくは売りが続くはずがないという投資家心理を根拠とした指標です。一般的には75%以上は買われ過ぎ、25%以下は売られ過ぎとされます。
カイ離率 現在の価格が移動平均線から上下どの程度離れているかを示す数値です。行き過ぎたカイ離はいずれ平均に戻るという経験則に基づき、現在の価格の割高・割安を測ります。何%が反転のサインとなるかは、投資対象や移動平均線の種類により異なります。
DMI テクニカル分析指標のひとつです。当日と前日の高値・安値の比較などを基に算出した、上昇の強さを表す指数「+DI」、下落の強さを表す指数「-DI」を使い、相場の方向性などを判断します。トレンドの強さを測るには「ADX」という指標を併用します。
PMAO テクニカル分析指標のひとつです。長期と短期の移動平均線2本がどの程度離れているかを、上下に伸びる棒グラフで表します。考え方は「カイ離率」に近く、短期的に行き過ぎた相場が反転するタイミングや、転換点を探るといった際に使います。
CCI テクニカル分析指標のひとつです。値動きの振れ幅と現在の価格とのカイ離がどの程度かを指数化したものです。一般的には相場にはサイクルがあることを前提に、CCIが+100を超えたら買い、その後+100を下回れば売り、などと判断します。
AD 相場の強気や弱気を示すモメンタム系の指標です。株価と出来高を用いて算出され、銘柄の需要と供給の測定が可能で、相場の転換点とされるダイバージェンス(逆行現象)を見つけ出すことにも適しています。
OBV オン・バランス・ボリューム(OBV)は、出来高を用いた指標です。まず、株価上昇日の出来高と株価下落日の出来高に分けます。株価上昇日はすべて買い方が、逆に下落日は売り方によるものとし、株価上昇日の出来高を加算、逆に下落日は減算して累計し数値化します。この累計値を描画したものがOBV線です。同線が上昇している際は買い方の力が蓄積されていると考えられ強気相場、逆に下落した場合は弱気相場とみなします。
VR ボリューム・レシオ(VR)は、出来高を用いた指標で、買われ過ぎや売られ過ぎといった相場の過熱感を測る指標です。初めに一定期間株価上昇日の出来高と株価下落日の出来高に分けます。株価上昇日の出来高の合計を株価下落日の合計で除した値です。一般的には80%~150%程度が通常値とされ、70%以下では底値圏、450%以上では天井圏とされています。
VMAO 短期と中期の出来高移動平均の差分で出来高の増減を表します。株価の移動平均線と同様に出来高の分析に使われるオシレーター系の指標です。市場に過熱感がある場合は数値は上昇、逆に過熱感が乏しい際は数値が下落します。
フィボナッチタイムゾーン 高値や安値など重要な起点から日数をベースにフィボナッチ比率を描き、時間を基にフィボナッチ数を引いたものです。一般的にはフィボナッチ数が重なる時点が相場の重要な転換点とされ、現在のポジションからどの程度の日数経過で転換点を迎えるかを測る指標として用いられています。
フィボナチリトレースメント 高値や安値など重要な起点から株価をベースにフィボナッチ比率で線を描き、高値や安値から相場が反転した際に目標となる値幅を測るテクニカル分析です。値幅はフィボナッチ比率を当てはめた23.6%、38.2%、50%(フィボナッチ比率ではないが半値戻しなど重要な転換とされる)、61.8%が重要とされています。なお、株価ボードでは、38.2%、50%、61.8%の比率を表示したチャートをご覧いただけます。
フィボナッチアーク フィボナッチリトレースメントに時間的要素を加えたテクニカル分析。「アーク」とは「円弧」という意味です。株価の重要な分岐点から、フィボナッチ比率を基にした「アーク弧」と呼ばれる半円を描き、株価の上昇(または下落)と時間の経過を分析、押し目買いや戻り売りのポイントを探るテクニカル分析です。
フィボナッチファン 一定期間の高値と安値を結ぶラインを基に引かれる3本のフィボナッチリトレースメントで、一般的には3本の線の幅がフィボナッチ比率を用いて描かれています。3本の線は下値支持線、上値抵抗線など、重要な転換点と見なされます。
回帰トレンドライン 5本の線(中心線と±2標準誤差)を用い、相場のトレンドと変動幅を見るテクニカル分析手法です。相場が急速に変動している時は同線の傾きが急となり、かつ幅が広くなります。相場に動きがない場合はその逆です。また、短期と長期のトレンドラインを重ねることでトレンドの変化も察知することが可能です。

テクニカル指標表示方法

テクニカル指標表示方法

チャート画面

カスタマイズ方法

カスタマイズ方法

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等で所定の手数料や諸費用等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動による損失が生じるおそれがあります。金融商品等の取引に際しては、当該商品等の契約締結前交付書面等をよくお読みください。

口座をお持ちでないお客様

口座開設

お問合せ窓口

  • お近くの店舗を探す
  • お問合せフォーム

コールセンター 0120-311-434

【受付時間】平日 8:30~18:00 土 10:00~15:00