口座開設 ログイン ログイン リスク・
手数料等
説明ページ

会社案内

  1. ホーム >
  2. 会社案内 >
  3. お客様本位の業務運営にかかる基本方針 >
  4. お客様本位の業務運営に関する取組方針

お客様本位の業務運営に関する取組方針

当社は「より多くの人に証券投資を通じ より豊かな生活を提供する」という経営理念のもと、お客様から信頼され、選ばれる存在であり続けるために、お客様に提供する価値の大きさで評価される企業を目指しています。
そのような理念のもと、当社は個人のお客様の世代を超えた資産形成に販売会社として、「お客様本位の業務運営にかかる基本方針」に基づき以下のとおり具体的な取り組みを行っております。
また、当該取り組みについては定期的にまたは必要に応じて更新、公表してまいります。
なお、「お客様本位の業務運営にかかる基本方針」との関連につきましては、本取組の方針の各項目に以下で関連を示しております。

      ☞ 原則2       ☞ 原則3       ☞ 原則4       ☞ 原則5       ☞ 原則6       ☞ 原則7

取組方針


1.お客様の人生に寄り添ったお客様本位のサービスの提供

  ☞ 原則2



① 預り資産/新規口座数の推移


② 資産形成/資産承継/相続等に関する取り組み

資産形成課の創設


お客様の資産形成に資する取り組み


相続個別相談会等の実施


③ 地域社会への貢献に関する取り組み

  • 「クロスボーダー・ソリューション」は、様々な垣根(国境・県境・業界等)を超えた問題解決を行うこといい、ロゴマークとともに商標登録しております。

  • 「クロスボーダー・ソリューション」は、様々な垣根(国境・県境・業界等)を超えた問題解決を行うこといい、ロゴマークとともに商標登録しております。

地域社会のために


教育機関連携による地域人材育成

地域社会のために内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部 / 内閣府 地方創生推進室

令和2年度地方創生に資する金融機関等の 「特徴的な取組事例」表彰(第6回) 表彰39事例のひとつに
当社取組(起業・ビジネス支援を通じた生活実感ある投資教育)が選定されました


④ お客様の"声"を受けた取り組み

藍澤證券に物申す!!

  • お客様からのご要望やご意見を真摯に受け止め、改善点等を当社施策に活かすため「藍澤證券に物申す!!」を2019年7月より計4回実施しております。
  • お客様から頂いたご意見・ご要望に関しては、社内横断的に委員会を立ち上げ、適宜改善し、その取組み事例を当社ホームページで公開しております。

    お客様の声を踏まえた取組み
  • お客様からのご要望やご意見を真摯に受け止め、改善点等を当社施策に活かすため「藍澤證券に物申す!!」を2019年7月より計4回実施しております。
  • お客様から頂いたご意見・ご要望に関しては、社内横断的に委員会を立ち上げ、適宜改善し、その取組み事例を当社ホームページで公開しております。



  • お客様の声を踏まえた取組み

NPS®※の実施

調査
期間
2021年1月10日~3月31日
調査
方法
インターネット
対象者 12月末時点の取引残高報告書を送付したお客様、インターネットのお客様
有効
回答数
2677
NPS® -42.1



2.お客様本位の運用商品の整備

  ☞ 原則6


① 世代を超えた商品選定


世代を超えた資産形成への取り組み


② 中長期に保有できる投資信託の選定


当社選定ファンドセレクション

  • 当社では現在(2021年5月1日時点)お客様の投資ニーズに合わせて、中長期での資産成長を目指したファンドを取り揃えた「アイザワ・ファンド・セレクション」、資産形成層の積立投資にふさわしいファンドを揃えた「積立・ファンド・セレクション」、および手数料無料のファンドを選好するお客様向けの「ノーロード・ファンド・シリーズ」と3種類のファンドセレクションをお客様に提示しております。
  • ファンドの提示にあたっては、各対象資産ごとに類似商品や手数料を含むサービスの内容を比較しながらお客様がファンドを選定できるようしております。
  • 各セレクションの対象資産ごとの提示本数は以下のとおりです。
  • 当社では現在(2021年5月1日時点)お客様の投資ニーズに合わせて、中長期での資産成長を目指したファンドを取り揃えた「アイザワ・ファンド・セレクション」、資産形成層の積立投資にふさわしいファンドを揃えた「積立・ファンド・セレクション」、および手数料無料のファンドを選好するお客様向けの「ノーロード・ファンド・シリーズ」と3種類のファンドセレクションをお客様に提示しております。
  • ファンドの提示にあたっては、各対象資産ごとに類似商品や手数料を含むサービスの内容を比較しながらお客様がファンドを選定できるようしております。
  • 各セレクションの対象資産ごとの提示本数は以下のとおりです。


対象資産 アイザワ・ファンド
セレクション
積立・ファンド
セレクション
ノーロード・ファンド
シリーズ
国内株式 3本 5本 3本
海外株式 8本 7本 8本
国内債券 0本 0本 0本
海外債券 2本 2本 0本
REIT 3本 3本 1本
バランス 1本 4本 3本
注目テーマ 4本 0本 0本

③ コア資産としてのファンドラップの取り組み

ファンドラップ契約資産の推移


契約口座数の推移


ファンドラップ契約資産の推移




契約口座数の推移




④ 成功報酬型アイザワSMAスーパーブルーラップの取り組み

【マンガでわかるスーパーブルーラップ】


【お客様の利益なしにアイザワ証券の報酬なし】
リーフレット


【マンガでわかるスーパーブルーラップ】




【お客様の利益なしにアイザワ証券の報酬なし】
リーフレット




スーパーブルーラップ契約資産の推移


スーパーブルーラップ契約口座数の推移


スーパーブルーラップ契約資産の推移




スーパーブルーラップ契約口座数の推移




アイザワラップサービス「相続時一括交付特約」

「相続時一括交付特約」契約者数の推移


「相続時一括交付特約」契約者数の推移






⑤ 投資信託販売会社における比較可能な成果指標


投資信託の運用損益別顧客比率


ファンドラップの運用損益別顧客比率



投資信託の預り残高上位銘柄のコスト・リターン、リスク・リターン



コスト・リターン

リスク・リターン

    【21年3月末時点】

    コスト・リターン


    リスク・リターン



    【20年3月末時点】

    コスト・リターン


    リスク・リターン



    【19年3月末時点】

    コスト・リターン


    リスク・リターン



【21年3月末時点】

ファンド名 コスト リスク リターン
1 DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) 1.76% 14.31% 4.37%
2 MASAMITSU日本株戦略ファンド 2.52% 15.10% 15.45%
3 新光 US-REIT オープン 2.34% 15.83% 3.70%
4 ニッセイオーストラリア高配当株ファンド(毎月決算型) 2.49% 22.34% 3.73%
5 日本株厳選ファンド・円コース 2.52% 16.56% 6.39%
6 フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 2.20% 16.38% 4.65%
7 アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型) 2.42% 17.65% 8.03%
8 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) 2.25% 13.78% 4.63%
9 LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型) 2.49% 22.70% 3.80%
10 メディカル・サイエンス・ファンド 2.64% 16.96% 10.53%
11 グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 1.71% 4.86% 0.97%
12 インベスコ 世界厳選株式オープン<為替Hなし>(毎月決算型) 2.56% 20.58% 5.94%
13 米国・シェールMLP・高配当株ファンド 2.53% 16.88% 5.39%
14 DIAM J-REITオープン(1年決算コース) 1.76% 14.40% 4.36%
15 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 Dコース 2.39% 15.21% 18.93%
16 好配当グローバルREITプレミアム・ファンド 通貨セレクト 2.71% 20.04% 0.57%
17 ニッセイJPX日経400アクティブファンド 2.24% 16.29% 10.01%
18 野村インド債券ファンド(毎月分配型) 2.40% 10.32% 4.86%
19 アジア好利回りリート・ファンド 2.49% 16.78% 7.69%
20 インド債券ファンド(毎月分配型) 2.40% 10.41% 3.41%
残高加重平均 2.26% 16.02% 6.48%

【20年3月末時点】

ファンド名 コスト リスク リターン
1 DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) 1.76% 13.50% -1.10%
2 新光 US-REIT オープン 2.34% 16.59% -2.24%
3 ニッセイオーストラリア高配当株ファンド(毎月決算型) 2.49% 21.28% -8.15%
4 日本株厳選ファンド・円コース 2.52% 17.01% -3.61%
5 アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型) 2.42% 18.73% -5.02%
6 フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 2.20% 17.37% 1.43%
7 グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 1.71% 5.19% -0.56%
8 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) 2.25% 13.62% 0.00%
9 LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型) 2.49% 21.63% -8.32%
10 野村インド債券ファンド(毎月分配型) 2.40% 11.15% -0.57%
11 インド債券ファンド(毎月分配型) 2.40% 11.25% -1.30%
12 米国・シェールMLP・高配当株ファンド 2.53% 17.38% -5.62%
13 ニッセイJPX日経400アクティブファンド 2.24% 17.17% 0.99%
14 好配当グローバルREITプレミアム・ファンド 通貨セレクト 2.71% 20.63% -9.28%
15 アジア好利回りリート・ファンド 2.49% 17.10% -0.67%
16 ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型) 1.82% 9.11% -4.15%
17 MHAM新興成長株オープン 2.53% 20.58% 10.77%
18 損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型) 2.25% 16.35% -2.96%
19 インベスコ オーストラリア債券ファンド(毎月決算型) 1.98% 8.76% -3.20%
20 短期豪ドル債オープン(毎月分配型) 1.43% 10.27% -4.96%
残高加重平均 2.19% 15.57% -2.74%

【19年3月末時点】

ファンド名 コスト リスク リターン
1 ニッセイオーストラリア高配当株ファンド(毎月決算型) 2.44% 15.96% 2.61%
2 DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) 1.73% 8.42% 7.26%
3 新光 US-REIT オープン 2.30% 15.30% 8.98%
4 日本株厳選ファンド・円コース 2.37% 15.84% 4.80%
5 アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型) 2.48% 3.46% 15.73%
6 LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型) 2.44% 16.35% 2.69%
7 インド債券ファンド(毎月分配型) 2.37% 9.88% 4.27%
8 フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 2.16% 16.02% 10.18%
9 野村インド債券ファンド(毎月分配型) 2.36% 10.16% 6.26%
10 好配当グローバルREITプレミアム・ファンド 通貨セレクト 2.68% 13.94% 0.56%
11 グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 1.67% 6.34% 1.49%
12 米国・シェールMLP・高配当株ファンド 2.49% 14.65% 2.70%
13 ニッセイJPX日経400アクティブファンド 2.20% 16.02% 9.51%
14 損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型) 2.21% 13.51% 8.80%
15 オーストラリア高配当株プレミアム(毎月分配型) 2.66% 15.53% 1.05%
16 アジア好利回りリート・ファンド 2.57% 12.00% 10.62%
17 ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型) 1.78% 8.72% -0.46%
18 日本株厳選ファンド・ブラジルレアルコース 2.48% 26.21% 3.02%
19 MHAM新興成長株オープン 2.48% 18.46% 21.68%
20 朝日ライフ・MSCI・グローイング・アセアン株式ファンド 2.11% 14.91% 2.05%
残高加重平均 2.27% 13.19% 6.19%

~全てのお客様にご満足いただけるために~


当社は複数の投資信託が組み入れられたパッケージ商品であるファンドラップを勧誘する場合には、お客様よりライフプラン、運用金額、運用期間、運用方針、投資意向等をヒアリングしたうえで、お客様にふさわしい運用コースを予想リスクと期待リターン等をお示ししたうえで販売しております。販売後についても定期的に資産配分をリバランスし、お客様が常に安心して中長期的に保有いただけるよう努めております。また、お客様のライフステージや市場環境の変化に対応するため、必要に応じて資産配分の見直しをご提案しております。

運用コース別「リスク・リターン」
運用コース別「資産配分」

運用コース別「リスク・リターン」




運用コース別「資産配分」




3.お客様本位の適切な情報提供体制の構築

  ☞ 原則3   ☞ 原則4   ☞ 原則5   ☞ 原則6


① 商品を販売するにあたって


利益相反の適切な管理

当社
グループ会社
委託手数料等の
支払
商品の提供 資産の運用先が法人営業部門の取引関係等
アイザワ・インベストメンツ
株式会社
該当無し 該当無し 該当無し
あいざわアセットマネジメント
株式会社
該当無し 該当無し 該当無し
ライフデザインパートナーズ
株式会社
該当無し 該当無し 該当無し
Japan Securities Co., Ltd. 該当無し 該当無し 該当無し


手数料等の明確化


顧客属性に応じた商品提案

商品ランク 商品内容 対象商品
1 円ベースで元本保証の仕掛けがあるか、または、発行者の信用リスクが極めて低い商品 日本国債
公募地方債
政府保証債
2 発行者の信用リスクや為替変動リスクはあるが、知名度や流動性が高い通貨建てのため比較的収益変動率が小さいと思われる商品 国内社債
国内転換社債
米国債
外国公募地方債
外国政府保証債
国際金融機関債
外国社債
外国転換社債
円建外債
3 一般の投資家において、リスクに関して理解・許容し得る商品 国内外上場株式
新興市場株式
国内外上場REIT
国内外ETF
海外私募外債
4 高齢顧客の勧誘留意商品 外国公募地方債
外国政府保証債
国際金融機関債
外国社債
外国転換社債
5 市場リスクや為替リスクのほか流動性や開示リスクがあることから、商品の仕組み等について高度な専門的知識を有する商品 グリーンシート
国内未公開株式
海外未公開株式
国内リンク債
国内EB債
海外リンク債
海外EB債
6 投資金額以上の毀損することがあり得ることから、知識・経験・財産など再確認必要な商品 -



重要な情報の分かりやすい提供




② アフターフォローについて


アフターフォロー体制について


相場急変時の対応について


アイザワオンラインサービスについて



ご相談・お問い合わせ窓口

お客様サポート 0120-925-411
【平日:8:00から17:00】
ご相談・苦情相談窓口 0120-138-299
【平日:8:00から17:00】
privacy@aizawa.co.jp


SNSを活用した情報提供について

SNS名 アカウント名 情報発信内容 二次元コード
LINE @aizawa アジア株式を中心に様々な情報を配信中!
YouTube アイザワ証券 アナリストが市況や企業訪問の様子を解説!
Twitter @aizawa1918 キャンペーンや各種最新情報を配信!

4.お客様本位の姿勢を重視した評価体制、従業員への動機付けについて

  ☞ 原則7


① 業績評価について


② 資格取得状況

以上


お問合せ窓口

口座をお持ちでないお客様

口座開設