武器は優れた資質と尖った知識。

2003年入社
加藤 義弘
KATO YOSHIHIRO
ソリューション第一部長

在学中は統計学を学ぶなど、元より数字に興味があった。その中でも、特に投資や資産運用に関心を抱き、そのままアイザワ証券へ入社。現在は、社内外を問わず幅広い場所で仕事をおこなうが、大切にしているのは「スピード」。相手が求めてきた期日よりも、一日でも早く出せるよう意識している。プライベートでは、登山やマラソンなど身体を動かすことが好きだそう。

現場とマネジメント。
異なる領域を担う。

就職活動の際に考えたのは、「お金に働いてもらって、楽したいな」ということ。経済学部出身だったので数字にも関心を抱いていたのですが、それ以上に投資や資産管理に興味があったんです。実際、サークルの仲間とお金を集めて、投資もしたんですよ。収支は“ちょいプラス”ぐらいでしたけど。とにかく、そんな動機を抱いていたので、最初から証券会社を意識していました。アイザワ証券に入る際も、それほど迷いはありませんでしたね。経営状態も健全ですし、社員の人柄にも好感を抱きましたので。
いまの仕事は、大きく分けて「現場」と「マネジメント」。「現場」では、ソリューションの担当者として、お客様のお悩みを聞くことが主務です。個人、企業、いずれのお客様も担当しますが、その多くは相続関連や事業承継、資金集めなど。まれにM&Aなども扱います。さらに、アイザワ証券の対外的な窓口として、大学や地銀との包括提携を担当することもあります。「マネジメント」の範囲は、同じ部内のメンバーはもちろん、支店にも及びます。各指標がきちんと達成されているか。されていないのなら、課題はどこにあるのか。組織や個人に応じたアドバイスを通じ、会社全体の成長に繋げていきます。

問われるのは、ビジネスパーソンとしての資質。

キャリアを歩む中で、いつの間にか社外との関わりが増えてきました。先に述べた大学や地銀との包括提携も、その一例です。このような場で向き合うのは、やはり経営者や銀行家の方が多いので、ビジネスパーソンとしての資質が問われますね。打ち合わせ前の準備。連絡に対するレスポンス。そうしたことの積み重ねで信用を勝ち得て、交渉を有利に持っていきます。また、少し変わった業務として、包括提携先の静岡大学で客員准教授も務めています。実際、半期のゼミも受け持っているんですよ。アントレプレナーの育成などにも携わっているので、業務の範囲はかなり広い方だと言えるかも知れません。こうした活動を受け入れてくれる会社には、感謝ですね。
時に、癖のある相手との交渉に臨まなくてはいけない場面もあります。そうした時に大切なのは、何より「真摯に向き合うこと」。上っ面でない、本音を伝える。相手について、できる限り知ろうとする。その上で、そうした全てを楽しむ。そんな心持ちでいることで、自然と乗り越えられるものなんです。

目指すは、「第一人者」。

「どんな分野でもいいから、第一人者になれ」という言葉を、以前の上司から頂いたことがあります。聞いた当時はポカンとしていたのですが、いま振り返ると深く共感しますね。誰でも、若手の頃は幅広く学ぶものです。証券会社でも、それは一緒。私自身、投資や商品に関する様々な知識を身に付けようと努力してきました。ところが、ある程度キャリアを重ね、責任あるポジションにいるお客様をお相手すると、より深く的確なアドバイスが求められるようになる。それまでの浅く広い知識では太刀打ちできない場面に出くわすんです。そうした時に強力な武器になるのが、「この分野の第一人者です」という事実。どれだけニッチでも、「この分野ならアイツだな」と言われる知識を身に付けることができれば、他を圧倒することが可能なのです。その意味で、いまの私の目標は「証券会社と言えば、アイザワ証券の加藤だな」と言われること。“証券会社”という分野の第一人者になりたいと思っているんです。少し大層に聞こえますか?でも、ここは「アジア株といえばアイザワ証券」と言われるほどの知名度を持つ会社。きっと、不可能じゃないはずです。そう、あなたにだって、そのチャンスはあるはずですよ。