“プロという自覚が価値を生み出す。

1998年入社
後藤 文恵
GOTO FUMIE
ソリューション第一部 RM三課 課長 山口支店駐在

山口支店に駐在し、提携銀行に対する金融商品の仲介業務をおこないながら、相続や贈与などに対して、知識的なサポートをするため全国を飛びまわる。「プロ意識」を大切に、様々な知識の習得に取り組み、退職後は「カフェのようなところで気軽に人生に関わるお金の話ができる場所をつくる」ことが夢だという。

社内外に向けたアドバイザー。

母の影響で小学校の教員になることを目標に、大学時代は初等教育学を専攻していました。しかし、所属したゼミの「教育行政学」の講義で教育とお金の関係を学び、世の中のお金の流れ(経済)に興味を持ち、金融機関を就職先に選択。アイザワ証券と合併する前の八幡証券に入社し、約20年間、リテール営業をおこなっていました。その後、内部管理の責任者を任される中でCFP(世界が認めるプロフェッショナル ファイナンシャル・プランナーの証)を取得。アイザワ証券と合併した後、そのファイナンシャルプランナーの知識をいかせるということで、ソリューション部へと異動になり、現在に至ります。
現在の仕事は大きく分けると二つ。一つは、社内向けに各部店と連携して、お客様の資産運用相談はもちろん、相続、不動産、M&Aなどの相談を受け、適切なアドバイスをすること。もう一つは、金融機関、大学、高校、中学などでの講演や講義、提携先金融機関のお客様訪問などをおこない、「人生におけるお金」についての知識を幅広く得ていただく活動です。これらの業務を一言で表すのならば、「よろずご相談窓口」というのが、最適な表現かもしれません。

“頼られる”というやりがい。

社内向けの連携では、各支店の営業が「相続」「贈与」といった案件を獲得してきた際に、アドバイザーとしてお客様とお話をしています。いわゆる「営業サポート」の位置づけになるのですが、“若手の育成”という部分は特に意識をしていますね。専門的な知識を要するため、難しい対応ではあるのですが、若手の営業が直接お客様にご説明をして差し上げる方が、その後の信頼関係は築きやすくなると考えています。
また、社外向けの連携では、多岐に渡るお客様に対応するということが難しいポイントです。基本的には「○○の話をしてほしい」という依頼を受け実施をするのですが、講演の中身は対象者によって企画を変えなければなりません。また、私にとっては数ある講演の中の一つですが、聞く方にとっては、はじめての講演です。だからこそ、私自身が“新鮮味”を失うことがないよう、トレンドの話題は常に入れるよう心掛けています。
この二つの仕事に共通していえることは、「困ったことがあるから相談されている」ということです。その中で、自分の知識が役に立つことは嬉しいですし、「ありがとう」と感謝されることがこの仕事のやりがいだと思っています。

いつまでも最前線にいるために。

お客様の役に立つためには、必要な情報および知識を的確にお伝えできなければなりません。そのため、常に“プロ意識”を持つことを大切にしています。講演時間が1時間と決まっていた場合、1時間を過ぎてしまえば聞く方は飽きてしまいますし、1時間に届かなければ“損をした”と思われてしまいます。時間を割いて来ていただいている限りは、必ず有益な時間にしなければなりません。お金を支払って参加していただいている場合はなおさらです。また、何か分からないことがあれば徹底的に調べるようにしています。プロである以上「分からない」という回答は、あり得ません。新しい制度や情報に関する資料や新聞記事には、必ず目を通し、知識のアップデートは常に意識をしています。そして、今後は資格の取得にも挑戦していきたいです。社労士、司法書士、行政書士など、ファイナンシャルプランナーを核として、“新しい武器”を身に付けていきたいですね。いまの仕事は移動が多いので、その移動時間を資格の勉強にあてるなど、うまく利用できるように意識しています。
「人生100年時代」と言われるこれからの時代を生き抜いていくために、知識はきっと大きな武器になるはずです。ソリューションを強みとするアイザワ証券であれば、幅広く、様々な知識に出会い、成長することができると思いますよ。