想いを届けるために相手を理解する。

2017年入社
大濱 大豊
OHAMA HIROTO
人事部 人材開発課

大学時代は経営学部に所属し、起業や経営ノウハウについて学ぶ。就職活動中、どんな業界に就職をするべきか悩んでいた中、アイザワ証券の人事担当と出会う。証券業界であれば様々な市場を知ることができ、その知識はどんな将来にもいかせると聞いたことが、入社の決め手となった。

ちょうどいい「フランクさ」
を武器に。

入社してからは大阪の豊中支店で営業の経験を積み、人事部へと移動になりました。現在は、学生向けのインターンシップや会社説明会のWEB開催をおこなっています。異動前後で仕事内容はまったく違いますが、営業の頃の経験もいかしながら、新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいます。インターンシップや会社説明会を開催するにあたり大切にしているのは、当社の特徴や魅力を存分に伝えることです。私の考えるアイザワ証券の魅力は、人柄の良さだと常々感じています。学生時代、当社の面接を受けた際にも感じましたが、良い意味でフランクな人が多いんですよね。証券会社って言うと、かなり真面目な印象を抱く方も多いと思いますし、それこそ競争みたいなイメージもあるかと思います。しかしながら、そういった中でも先輩や同期同士との情報交換や、互いに協力し合いながら仕事に取り組める環境がありますから、その良さを伝えていきたいです。また、インターンシップでは、簡単な営業体験も実施しています。そうした経験を通じて、当社に興味を持ってくれた方の将来に、少しでも力添えができたら嬉しいですね。

どんな仕事も、
まずは楽しむことから。

豊中支店での営業時代、その当時の支店長から頂いた「知好楽(ちこうらく)」という言葉を今でもよく思い出します。これは「その仕事を知っているだけの人は、好きな人にはかなわない。さらにその仕事を好きなだけの人は、楽しんでいる人にはかなわない。」といった意味です。支店長はその言葉通り、本当に楽しそうに仕事に取り組まれていましたし、だからこそ、営業成績も良かったのだと思います。それにならい、どんな仕事も楽しむことを意識し、より多くのことを成し遂げたいと考えています。そんな私が今最も楽しいと感じているのは、学生さんとの会話です。証券会社を志望する方は、経営学部や経済学部であることが比較的多いのですが、当社には文学部や外国語学部、さらには機械系の学部の方などもいらっしゃいます。特にインターンシップの質疑応答コーナーでは、様々な学部出身の方と会話ができるため楽しいですね。個別の対面になると、どんなことを勉強しているのかはもちろん、趣味の話で盛り上がることも。会話をすることでその人自身が見えてきますし、逆に学生さんにも私たちを知ってもらえると思いますので、今後も会話を通じてアイザワ証券の良さを伝えていきたいと考えています。

距離を縮める
会話のキャッチボールを。

営業時代から一貫して難しいと感じているのが、“相手に考えを伝えること”です。営業であれば商品のメリットを伝えなければなりません。しかし、お客様の想いや考えを把握せず、自分の意見だけを押し通そうとした結果、うまくいかずに葛藤を抱えた時期もありました。そこから学んだのは、「いい間を置く」ということ。一方的に伝えるのではなく、会話の中でしっかりと相手を見つめ、話が伝わっているのかどうかを確認することが大切だと実感しました。相手の反応を見ながら投げるボールを変えるのは簡単なことではありません。しかし、だからこそやりがいを感じています。これは、学生さんに対してもそうですね。インターンシップは開催ごとに参加する方も様々です。うまく伝えられた日もあれば、今日の反応はあまり良くなかったと感じる日もありますから、営業時代の経験をいかしつつ、少しずつ精進していきたいと考えています。また、将来的には伝える技術を磨いた上で、もう一度営業活動をおこないたいですね。お客様の想いを会話から引き出し、様々なニーズに対応できるような営業として、お客様にも、そして会社にも貢献できる人材に成長していきたいと考えています。