アイザワ証券

  1. ホーム >
  2. アイザワ証券について >
  3. ご挨拶

ご挨拶

代表取締役社長  藍澤 基彌

当社は、戦後日本における証券業界の再興に努めた藍澤彌八が1918年(大正7年)に創業しました。
「より多くの人に 証券投資を通じ より豊かな生活を提供する」という経営理念を受け継ぎ、他社に先駆けたアジア株の取組みや、証券会社として初めて『経営革新等支援機関』の認定を受けるなど、時代のニーズに合わせて数々のチャレンジを続け、変革を重ねてきました。

「貯蓄から投資へ」という国策が「貯蓄から資産形成へ」と変わったように、証券会社も一層の変革を遂げなくてはなりません。当社は長期ビジョンとして従来の証券会社ではない特徴的な証券会社として「超リテール証券」を目指しています。金融商品の提供を通じ、お客様に希望を宅配する「HopeCourier(希望の宅配人)」となって、お客様の希望に溢れた未来を共に創るパートナーでありたいと思っています。
そのための基本方針として、「ソリューションスタイル」の姿勢を心掛けています。お客様に喜んでいただくこと、お客様に感謝されることを常に考え、「お客様のことを思う気持ち」を大事にしています。お客様は金融商品に関するお悩みだけでなく、相続や事業に関するお悩みなど、様々なお悩みを抱えていらっしゃいます。私たちはすべてのお客様に向き合い、このようなお悩みのご相談に応じ、解決のお手伝いをさせていただいています。お客様のお悩みを解決して喜んでいただくこと、お客様に希望を与えることが私たちの喜びであり、このような取組みによってこそ本当の意味でお客様との信頼関係が生まれると信じています。
また、いまこそ、地方を支える金融機関、大学、そして証券会社が接続・提携し、高度なシナジーを求めて地方創生に挑戦する時代だと考えています。当社は地域の金融機関や地方の大学と連携し、地域活性化や地域社会に対する貢献活動など様々な取組みを行っています。

さらに「アジア株といえばアイザワ証券」と外部より高い評価をいただいているアジア株取引。2000年より香港、台湾、韓国の3市場の取扱いを開始して以来、アジア株の取扱いを拡大し、現在ではアジアの取扱い市場数と取扱い銘柄数は業界最大水準となっています。

以上のような、ソリューションと地域活性化に関する取組み、アジア株のパイオニアという地位を活かした外国株取引のご提案などは当社の差別化戦略です。これらを徹底させるとともに、さらなる変革を続けてまいります。

口座をお持ちでないお客様

口座開設

お問合せ窓口

  • お近くの店舗を探す
  • お問合せフォーム

コールセンター 0120-311-434

【受付時間】平日 8:30~18:00

ページの先頭へ