口座開設 ログイン ログイン リスク・
手数料等
説明ページ

サービス案内

  1. ホーム >
  2. サービス案内 >
  3. NISA >
  4. NISA活用術

NISA

NISA活用術 現役世代編

リスクを取って長期運用

多くの30-50代の方は教育費や住宅ローンなど、人生の中で最も支出が多くなる時期といえます。現役世代にとっての強みは、資産運用を行う時間がたくさんあることでしょう。

現役世代のNISA活用術として、リスクを取って長期での運用を検討されてみてはいかがでしょうか。この場合、投資対象の候補として「成長株」や「REIT」といったミドル~ハイリスク・リターンの資産が考えられます。

他にも、バランス型と呼ばれる投資信託を使って投資対象や地域の分散を行いながら、少しずつ積立投資を行うのも一考です。ただし、分配型投資信託は注意が必要です。

リスクを取って長期運用

現役世代におススメ!

成長株

持続的な成長が期待されている株式のことを一般的に「成長株」と呼びます。利益の増加傾向が数年続いている銘柄を探しましょう。

REIT

投資家から集めた資金で購入したオフィスビルやマンションなどから、賃貸収入や売却益を投資家に分配します。制度上、株式より分配金を出しやすい金融商品といえます。

投資信託

プロが運用を行い、分散投資ができること、幅広い投資対象に投資できること、金額を指定して購入できることなどが特徴です。

銘柄選びはアイザワ証券にご相談ください!

NISA活用術 リタイア世代編

リタイア世代は資産の減り方を調節する運用

リタイア世代は資産の減り方を調節する運用

リタイア世代にとってNISAはマル優制度(少額貯蓄非課税制度)廃止以来、久々の非課税制度となりますので、積極的な活用をおすすめいたします。

ご夫婦2人であれば5年間で最高1,200万円まで非課税投資を行うことができます。余裕資金の範囲内で投資をご検討ください。

60代以上の方における資産運用の考え方として、これまで積み上げてきた資産を使いつつ、資産の減り方を調節しながら運用することが必要なのではないでしょうか。

投資対象の候補として、高配当株や分配型投資信託(普通分配金に限ります)が考えられます。現役時代と比べて収入が限られるため、リスク管理もより重要になります。

リタイア世代は資産の減り方を調節する運用

リタイア世代におススメ!

リタイア世代におススメ!

高配当株

配当利回りが高い株式のことを一般的に「高配当株」と呼びます。

分配型投資信託

投資対象が外国債券のタイプは特に分配金の多いものが目立ちます。為替ヘッジありのタイプであれば為替リスクを低減することができます。

リタイア世代におススメ!

銘柄選びはアイザワ証券にご相談ください!

NISA+贈与で相続税対策!

自身の財産を配偶者や子、孫に効率よく贈与したいと考えている場合、基礎控除である年間110万円までの贈与であれば課税されません。NISAは1年ごとに上限投資金額が120万円となりますので、とても相性がよい組み合わせといえるでしょう。

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等で所定の手数料や諸費用等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動による損失が生じるおそれがあります。金融商品等の取引に際しては、当該商品等の契約締結前交付書面等をよくお読みください。

お問合せ窓口

口座をお持ちでないお客様

口座開設